大阪府育英会では、府民からの寄附金を活用し、経済的な理由により学習環境に恵まれない中にあっても、将来の夢を見据え、自らの得意分野を生かして努力している創造性豊かな高校生を支援し、大阪・日本の未来を担う人材の育成を図る。
(平成30年度の募集についてはこちら

1 給付額及び給付人数

  • 給付額 1人 最高50万円
  • 給付人数 100名予定(平成30年度募集時)
  • 給付方法 採用時に20万円 進路確定時 30万円

2 申込資格

次の要件をすべて備え、在学する学校長が推薦する生徒

  • 学校教育法に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)、又は専修学校の高等課程(これに準ずる各種学校を含む。)で、大阪府内に設置されている学校に在学する3年次の生徒であること。
    • 修業年限3年以外の高校等に在籍している場合は、最終学年の生徒であること。
  • 前年度の成績の平均値(評定平均値)が3.8以上(これに準ずる成績と認められる場合を含む。)であり、自らの得意分野を生かして努力し、夢の実現のために日本の学校教育法に規定する大学・短期大学・専修学校専門課程への進学を希望する生徒であること。
    • 評定平均値は小数点第二位以下を切り捨てた値が3.8以上あること。
    • これに準ずる成績とは、成績評価が5段階以外の評価(10段階評価の場合やABC等の評価)を採用している場合は、5段階評価に換算した評価が3.8以上の成績を指します。
  • 語学・文化・芸術・スポーツ・情報技術等の各分野において学内代表レベルにある生徒、各種資格・技能検定等において高水準の生徒であること。
  • 高校等在学中にボランティア活動やクラブ活動、生徒会活動等に積極的に参加している生徒であること。
  • 父母等の保護者が大阪府内に住所を有すること。
    • 保護者とは、民法による親権を行う者又は未成年後見人をいい、保護者がいない場合は生徒の生計を支えかつ学費を負担する者をいいます。
  • 保護者の当該年度の道府県民税所得割額と市町村民税所得割額(保護者合算)が85,500円未満(年収めやす350万円程度)であること。
    • 年収めやすは、父母のうちどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の場合のものです。実際は、道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合計により判定します。
  • USJ奨学生として奨学金の給付を受けていないこと。

3 募集時期及び申込方法

  • 毎年度、6月頃に募集します。
  • 申込書等は、当会ホームページから印刷し、高等学校等を通じて申込みを受け付けます。
  • 各学校により申込期間(締切日)が異なりますので、必ず学校に確認してください。

【提出書類】

奨学生申込書
小論文(テーマ「私の描く未来」)
・自筆、縦書きで1000字以上1200字以内
語学・スポーツ・資格等報告書(スポーツ等の実績や資格等を記入)、活動報告書
(ボランティア活動やクラブ活動等の状況等を記入)
保護者の収入に関する証明書
・保護者全員の道府県民税所得割額と市町村民税所得割額が確認できる書類
成績証明書(前年度の成績)
・評定平均値は小数点第二位以下を切り捨てた値が3.8以上あること
学校長の推薦書

4 選考方法等

  • 一次審査(書類審査)及び二次審査(面接審査)により選考します。
  • 審査結果(給付決定)は7月末までに学校を通じて通知します。
  • 申込資格等変更することがあります。

5 大阪府育英会夢みらい奨学生認定式

大阪府育英会では、平成30年度に採用された夢みらい奨学生100名の認定式を、下記のとおり実施しました。

日時 平成30年8月24日(金曜日)
場所 大阪私学会館